ゴジラの暇つぶし日記

『野球』『映画』『お笑い』『旅』『競馬』『音楽』『ラーメン』『歴史』『健康』等々について書いてます。 暇つぶしに読んでください☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

グルメ『築地玉寿司 - 銀座ラビ店』















もう食べられねぇ!!!!!!!

 

けども、寿司食いねぇ!!

 

というわけでね、ここを紹介します。

 

『築地玉寿司』って、新宿にも、台場にもある寿司屋だ。

 

本店は、もちろん築地にあるんだが、銀座のラビ店の

 

4Fカウンター席は、とってもゆっくりできて、快適。

 

大切な方を連れていってあげてください☆

 

さぁ、ここのネタですが、

 

まずは、蒸しエビ。そんじょそこらの蒸しエビじゃないぜあれは。

 

肉厚が半端ねぇ!マジ半端ねぇ!(トータルテンボス風)

 

そして、ウニ。なんだろ。甘い。

あまーーーーい!(スピードワゴン井戸田潤風)

 

サーモン。安いのに、肉厚。そして、とろける。

 

しゃりを少なくしてくれるから、結構いろんなネタを女性でも

 

楽しめると思われる。

 

「大トロ!(500円)」

 

「穴子!(380円)」

 

「ウニ!(500円)」

「ずわいがに!(420円)」

 

みたいなのりで、

 

合計2人で、18,000円いきました!!!

 

領収書もらったけど。。。

 

ぜひとも、どうせ食べるならば、うまい寿司を食べてね!!!!!!!!!

 

オススメです!行った方は、感想聞かせてください!!!!!!!

 

↓築地玉寿司リンク

http://www.tamasushi.co.jp/store/index.html

スポンサーサイト

テーマ:お寿司 - ジャンル:グルメ

  1. 2006/03/31(金) 01:23:00|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

日記『酸素吸って、血サラサラのススメ』

お疲れの日本人、忙しい日本人。

東京のうす汚れた空気を吸っていては、アカン。

アカンねんでぇ??。

 

ということで、最近、いい酸素を吸ってます。

『Wing Oxy Bar』ってところ。

 


←酸素バー

ほんとにリラックスできます。

鼻に管を差すので、絵づらは

よくないけど、オススメ







仕事で、晴海のトリトンへいくことがあります。

そこに行った時は、決まって先輩とここよります。

リンク先↓
http://www.oxybar.jp/wingoxybar/harumi/index.html

 

効能としては、肩こり、目の疲れ、むくみ、ダイエットなど

いろいろあるって。

 

血のサラサラ率を計ってもらえます。

空気を吸った後のサラサラ率は、99パーセントになってます。

ただ、気になるのは、酸素を吸う前のサラサラ率を

計ってもらったことがないこと。

なので、計る機械が必ず99パーセントしか出ないもの

かもしれません。

ということで、多少のウサンクササはあるけれども、

確かにリラックスできるので、ぜひ行ってみて!

 

銀座にもこの店あるんだけど、

銀座の店は、リラックスルームもあって、

酸素吸うときに、寝させてもらえるスペースがあります。

 

お疲れのみなさんは、ぜひぜひここでリラックスして、

電池満タンにしてみてくださいね!!

 

行った人は感想聞かせてください。えぇ。


←この機械からブクブクぅ??って空気が来ます。

4種類の空気が体を癒してくれるよぅ。






テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2006/03/26(日) 22:16:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

音楽『2006 Grammy Nominees 』

どうも、今年も『Grammy Nominees 』買っちゃいましたよ。

 

2004から、3年連続買ってますが、

今年は、女性アーティストは3名のみ。

 

2004のときに新人賞で収録されてた女性アーティスト、「エバネッセンス」!あのときの『Going Under』は力強かったなぁ。
彼女は、2005では、今度は『My Immortal』で逆にバラードで収録されてた。これも俺は、よかったんだねぇ。

 

今回、収録されてなかったぁ???。

 

そう、僕は、洋楽に詳しいわけではありません。

 

ただ、決まってこのCDだけを毎年買って、1年かけて聞き続けてる。

そういう方針。なので、彼女が活動してるのか何をしてるのか歯を磨いているのか

わからないわけで、収録されているかされていないかしかわからないわけで。

 

さて、今年の『Grammy Nominees 』ですが、

僕が、毎日通勤中のipodで癒されているのは、

ラスカルフラッツ『Bless The Broken Road』(6曲目)。

 

なんつうか、最近は、こういう優しい曲がねぇ、いいもなぁ。

 

通勤中にこの曲かけてると、日経ビジネスが半分読み終わるよ。

でも、座れちゃったら、確実に寝てしまうよ。

そういう表裏一体の存在。

 

他にも、マライアキャリー復活とかいろいろあるだよ。

 

 

CMでかかってたような曲もあるから、

このCD買ってると、時代がさかのぼれていいんじゃないかと。

 

久々に2004を聞いたら、50Centとかエミネムとか懐かしかったもの。

あと2004のオススメは、断然コレ↓
「The Black Eyed Peas & Justin Timberlake」 で、『Where Is The Love?』

「Justin Timberlake」といえば、この時期、「キャメロンディアス」とデートしてる

とこ撮られたりしとったね。

懐かしいでぇ。

 

って、2004がメインになってしまったので、

「この辺で、笑点お開き!!!」

「一度でいいから見てみたい。女房がヘソクリ隠すとこ、歌丸です。」 







・・・。化石。。。ですよねぇ??





テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2006/03/23(木) 00:35:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

野球『WBC - 日本優勝!!!!』


 

やりました!!!

オールジャパン!!チャンピオンです!!!

 

感動したよ??。いやぁ?、野球に魅せられてから今までで、

日本で野球をやってきたことに誇りを感じたのって初めてですね。

 

今までのオールジャパンでは、間違いなく一番強いね。

 

っていうのは、世界レベルになると、パワーのない日本人は、そう簡単に

ホームランは打てない。今まで、日本でもパワーのある選手を

ジャパンで選んでたような気がする。

 

でも、いい選手が増えてきたってことだよね。

まず、イチロー(マリナーズ)は、大リーグの歴史でも最高の選手って言われるくらいだから、いいとして、西岡(千葉ロッテ)、川崎(ソフトバンク)っていうような、

バットに当てていって、足でかき回すような選手。彼らが育ったよねぇ。

 

日本では、ホームランバッターだけど、足もあって、守れる岩村(ヤクルト)、

多村(横浜)、福留(中日)みたいな3拍子揃った選手たちの存在もデカイよね。

 

今回、松井(ヤンキース)の辞退で、4番に座った松中(ソフトバンク)。

ホームランなしで、チャンスにも打てなかったけど、

チャンスメイクはだいぶしてくれてたね。1打席だけチームバッティングしろよって

シーンがあったけど、まぁいいや。

(準決勝の韓国戦、ノーアウト2塁にイチローで、左バッターの松中は最低でも

引っ張ってゴロを転がせば、ランナーを3塁に進めることができる。

にも関わらずサードファウルフライ。続く多村が大きいレフトフライを打ったため、

もし3塁にランナーを進められていれば、犠牲フライで1点が入っていた。

というタラレバ論。3塁に進んでいたら、多村が三振してたかもしれないので、

強くは言えないが、3塁にランナーがいれば、パスボールでも1点が入るため、

ピッチャーは落ちるボールを投げずらいという心理が働く。日本的には有利になる。

こういう積み重ねで1点をもぎとっていくわけですわ。奥が深いでぇ?。)

 

井口(ホワイトソックス)が辞退してくれたおかげで、西岡(千葉ロッテ)がブレイクしたね。

 

キャッチャーの里崎(千葉ロッテ)は、4割打って、ベストナインキャッチャーに選ばれたけど、やっぱり次回の日本の代表捕手は、城島(マリナーズ)かな!

今回、骨折もあったし、大リーグ挑戦というのもあって、ダメだったけど、

攻守に頼もしい最高の捕手だからね。

でも、里崎の意外性には、脱帽ですわ。最高でした。

 

今回の勝利は、やっぱり投手陣だね。

 

国際試合、負けなしの上原(巨人)はやっぱりすごいわ。球威とかキレとか何がいいんだかって思うくらいだけど、やっぱコントロールと頭のよさだね。

準決勝でのピッチングは圧巻。7回に日本が韓国から先制点をとったあとの7回裏。

点をとった後って、ほんとに大事なんだよ。

ここで、アウトをすべて三振でとるというナイスピッチング。よせつけなかったよねぇ韓国を。

 

松坂(西武)。やっぱりきみはすごい。今日の決勝も96マイル(154キロ)出てたもんね。

どの大リーグチームもノドから手がでるほど欲しいと、お?も?う?よ?(秋山もりのしん風)。

 

渡辺俊介(千葉ロッテ)。キューバにはやられてたけど、韓国戦2試合は、よく抑えてたよ。

 

この3人の先発陣はみんな個性的でよかった。どれもキャラかぶってないもんね。

 

抑えの大塚。一番見てられた。経験はモノをいうね。

 

実は、抑えでは、気持ち悪いスライダーを投げる岩瀬(中日)がいたら、

もっと余裕を持ってファンたちは観ていられたよね。

次回はお願いします!!

 

全部が、うまくいったような今回の第一回チキチキWBCだけど、

次回以降、どの国ももっと早めに体を作ってくるんじゃないかな。

 

ここで一つ言っておきます。

アメリカチームですが、本気で挑んでいないと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、あのメンバー、最強です。

最強のメンバーが選ばれてます。A.ロッド、ジーター、グリフィー、デレク・リーって半端ねぇ!マジ、半端ねぇ!(トータルテンボス風)メンツです。

ただ、準備が足りなかった。それにつきるね。

ピッチャーだって、クレメンスが出ちゃってたじゃん。マジ、ハンパネェ!

 

ウソだと思うなら、秋頃に誰か企画して、このメンバーでなんちゃってWBCをやってみたらいいさ。まぁ、強いだろね。アメリカ。松坂クラスの球威で、上原のコントロールで挑めばゼロ点で抑えられるかもね。

 

プエルトリコだって、イバン・ロドリゲスがちゃんとキャッチャーやってたじゃん。

半端ないよぉ。ただ、ドミニカは、ギリギリで、ペトロ・マルチネスが辞退しちゃったんだよね。それが惜しい。

韓国は、すごい準備とモチベーションがあったね。

でも秋頃に日本とやってみたらいいさ。まぁ、日本強いでほんまに。

 

イ・スンヨプ(巨人)がWBCのホームラン王になって、ファーストでベストナインに選ばれましたが、頼むよ。巨人で、それくらい打ってちょうだいよ!

 

ということで、このままだと100時間くらいキーボードを打ち続けることになるので、

この辺でネタを下げさせてもらいます(おぎやはぎ風)。

ありがとう日本!!ありがとういい薬です!!(太田胃酸風)

 

 


←MVPに選ばれた松坂(西武)

















   


←「ボブノゴシンニモクッシナカッタゼBABY!」


テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/03/21(火) 17:14:00|
  2. 野球
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

野球『WBC of the USA, by the USA, for the USA』

『WBC of the USA, by the USA, for the USA』

 

ウサちゃんのウサちゃんによるウサちゃんのためのWBC

 

ということでね。

 

『世紀の護身』

 

ということで、自分の身は自分で守るというのが世の常になってきたこのごろ

 

いかにして自分の身を守るか。今日はその世紀の護身術を紹介したいと思うかボケィ!

 

『世紀の誤審』といわれたあの犠牲フライ。

 

何度スローモーションで確認してもセーフでしたね。

 

何が問題かって、以下にまとめてみました。

 

?日本VS米国戦で、審判に米国人が含まれる(鼻が高い)。

 

?塁審がいったんセーフとジャッジしちゃった。

 

たったこの2点ですね。あのプレーに関しては。

この2点が重大な二点です。

 

?については、サッカーをみてくれればいい。

 

審判は、ちゃんと第三国の人がやるよね。

 

うちの家での会話でもわかるよ。

 

俺「姪をこんなに可愛い可愛いって言ってるけど、

  他人が見たら普通って言うだろうね。」

 

父母「そうだろうね。」

 

ってことですよ。よくわかってるでしょ。

 

わが家でさえ、第三者がみないと冷静なジャッジはできないとわかってるんです。

 

次回のWBCでは、わが家のメンバーで審判を担当したいと思います。

 

主審!「おれぃ!」 1塁塁審!「ちち?!」・・・・・。

 

?について、日本では、まず覆らないよね。

 

しかも、塁に近い塁審の意見を尊重する主審が多いよ。

 

やっぱり主審がその試合の一番の権限を持つんだけど、

 

塁審がセーフのジャッジをしたんだもん。

 

普通にセーフって言えば、なにごともなく試合は進んでいたはずだ。

 

その1点があれば、勝てたとかはまったく関係なく、

 

ほんとに基本的な配慮がなされていないWBCに「渇だ!!!(大沢親分風)」

 

WBCに関して言いたいのは、

 

「球数制限」

 

これは、きっとシーズン前だから、ピッチャーに無理をさせへんように。

 

っていう配慮なんだかなんなんだか。大事なうちの選手を

 

シーズン前に壊されたらたまったもんじゃねぇ。

 

っていうことだと思うけど、

 

そんなことしたら、真剣勝負じゃないじゃん。

 

制限なしのガチンコ勝負で決めないと、

 

サッカーでいうワールドカップの位置づけにならないのと違うか。

 

野球がほんとに世界的に認められるようにしたいんだったら、

 

本気で最高の大会にしようと努力する必要があります。

 

お願いしますよ??!!

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/03/16(木) 11:45:00|
  2. 野球
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。