ゴジラの暇つぶし日記

『野球』『映画』『お笑い』『旅』『競馬』『音楽』『ラーメン』『歴史』『健康』等々について書いてます。 暇つぶしに読んでください☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

映画2007-33『涙そうそう』(邦画祭り4)

映画2007-33『涙そうそう』

*邦画祭り4*

2006年【日本】

監督:土井裕泰(いま会いにゆきます)

出演:妻夫木聡、長澤まさみ 、麻生久美子、塚本高史、小泉今日子 ほか


ゴジボシ:☆☆☆(3/5)

 


 

どうも、帰りがいつも遅い僕です。

 

いいかげん、映画観れる状態じゃないのはわかっているけど、

 

習慣って怖い。

 

ということで、続きに続く「邦画祭り4」、今回は、「涙そうそう」です。


ぱっでたっ、長澤まさみ。(ますだおかだ岡田風)

 

この映画、長澤まさみの甘えた感じのにーにーへの接し方、方言。

 

そして、妻夫木が演じるにーにーの溢れんばかりの愛情、優しさ、

 

自然体、そして、トータルでとてつもなくかっこいい男。

 

この二人を中心に動くこの映画では、誰に自分を投影したらいいのか

 

わかりかねる。

 

まず、にーにーの気持ちにはぜったいになれないじゃないですか。


 

いい人すぎる。自分を犠牲にして、妹のために。って、したことないから、

 

にーにーになれなかった。

 

 

長澤はどうか。うん、どっちかというと、長澤の目線でなら見れるかも。


 

甘える。けど、なんか悪い気がする。そういう気持ちって、親に対してあった

 

時期が本当にあったし、どっちかというと長澤目線で見る感じだったかな。

 

がしかし、異性ということもあり、あんまりうまく入り込めずどうもダメ。

 

 

物語的にどうかといえば、そりゃ泣けそうな部分は多々あったけど、

 


泣けそうなところをピックアップするよりも、彼らの生活感がすごく伝わってきて、

 

確実に自分の生活と時間の流れのスピードが違う気がして、心地よかったのは確か。

 

☆4つになりそうでならなかった☆3つでお願いします。

 


スポンサーサイト
  1. 2007/03/29(木) 01:45:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

映画2007-32『フラガール』(邦画祭り3)

映画2007-32『フラガール』

*邦画祭り3*

2006年【日本】

監督:李相日(69 sixty nine)

出演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、岸部一徳、寺島進 ほか


ゴジボシ:☆☆☆(3/5)

 


 

買っておいて、借りたものを先にどんどんみられてしまう

 

フラガールDVDの気持ちを考えるとしのびねぇもんだから、

 

みてあげたよ。

 

僕のピークは、蒼井優の友達役の子が、北海道に行くことになって、

 

ダンスができなくなるところ。こんなベタベタなシーンにちょっと感動してみたり。

 

うん、病んでいるんだな。

 


 

しずちゃんが、結構評価されたようなんだけど、どうしてだろう。

 

父親が死んだかもしれないのに、踊ろうっていうシーンや、

 

死んだ父ちゃんに会うシーンがうまかったのか。

 

あれくらいワシらにもできるんとちゃうん。って、辛口してみたり。

 


 

結局、この映画は、とてつもない量の表彰を受けてたね。

 

ほとんど蒼井優が賞をとっていたけど、やっぱうまいもんねぇ。

 

母ちゃんが友達からの手紙を渡しにくるシーン。

 

あのときの踊り。松雪が一番初めにやったダンスをうまぁくやったねぇ。

 

あれを見たら、母ちゃんそりゃあ応援したくもなるだろう。そうじゃろう。

 

「ストーブ貸してくんろう!!」って突然、変化したもんなぁ。

 


 

最後のダンスも感動した。

 

がしかし、なぜか☆3つ。うーーーーーん。やっぱり期待してるのを観ると、

 

それなりにしかみえんもんだね。ハードルを事前にあげるのはよくないな。

  1. 2007/03/28(水) 02:45:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

映画2007-31『ラフ ROUGH』(邦画祭り2)

映画2007-31『ラフ ROUGH』

*邦画祭り2*

2006年【日本】

監督:大谷健太郎(NANA , NANA2)

出演:長澤まさみ 、速水もこみち 、阿部力、石田卓也、八嶋智人、市川由衣 ほか


ゴジボシ:☆☆☆(3/5)

 


 

気づきましたか??実は、今、『邦画祭り』開催中なんすよ。

 

どれだけ続きますかね。

 

まぁ、もって1週間ですが。。。

 

さて、「ラフ ROUGH」です。

 

もちろん原作漫画は、読んでます。

 

いま、乗りに乗っている「長澤まさみ」と「速水もっこりもこみち」の

 

ダブル主演。

 

もっこりもこみちがそんなにもっこりしていないことを開始早々に確認。

 

長澤まさみが、細くて色白でたまらないこと(ド変態か!!!)を早々に確認。

 

さて、中身ですが、漫画で見ていたから真新しい感想を述べることは難しい。

 


 

でも、強いて言うならば、やっぱり青春っていうものはいいですな。

 

ってことでしょうか。もこみち心理と、阿部力の心理の両方になって、

 

映画の世界に入りましたが、やっぱり阿部力の心理でいると疲れちゃうな。

 

もこみちの心理になれば、目標に向かって突き進む、しかも好きなやつのために

 

ってことで、単純で、迷いがなく、非常に心地よい、まさに青春。まさみ青春。

 

 


 

なによりも、映画「ラフ ROUGH」を借りた自分に驚いたけど、

 

天才肌のやまとけいすけになって、2時間を過ごすことができたので、

 

すがすがしい思いができたので、よしです。

 

興味があるのは、女の子が、長澤まさみどんの心理になって、映画の世界に入ったとき、

 

どっちをとるんだろうかって話。

 

先輩なのかい、やまとなのかい、どっちなんだい!!!

 


 

やっぱりやまとが多いのかな。不器用だけど、がむしゃらで、才能にあふれてて。

 

その才能に自分だけ鈍感である。

 

うん、ずるいキャラだな。青春やな。☆3つやな。

 



  1. 2007/03/27(火) 01:36:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

映画2007-30『地下鉄(メトロ)に乗って』(邦画祭り1)

映画2007-30『地下鉄(メトロ)に乗って』

*邦画祭り1*

2006年【日本】

監督:篠原哲雄(深呼吸の必要、はつ恋)

出演:堤真一、岡本綾、大沢たかお 、常盤貴子 ほか


ゴジボシ:☆☆☆☆(4/5)

 

 


 

さて、突っ込みどころに関しては、普通に見ててもバンバン出てくるわ。

 

なんで、わざわざ地下鉄なのかとか。

 

タイムスリップ映画には、つきものの現在と過去の関係。

 

過去を変えたら、現在にどう影響するか。

 

「ドラゴンボール」では、未来からトランクスくんがやってきたけど、

 

はなから、過去を変えても、未来には影響しなくて、いろんな未来が存在すると。

 

自分のいた現在はなにをしても変わらないけど、

 

幸せな未来があってもいいじゃないかっていう話で、過去にタイムスリップして、

 

人造人間を倒しにきたけれど、

 

この映画では、過去を変えたら、現在に直で反映されちゃう。

 

だが、今回は、こういう話をするつもりはない。

 

普通に、この映画のテーマだけに絞って見てみる。

 

「自分が生まれる前の父親」

 

「自分が生まれる前の母親」

 

会ってみたいですか????

 

というのがきっと核にあるテーマ。

 

自分がいま、親に対して抱いている気持ちを

 

覆すもっと暖かい何かをきっと得られるだろう。

 

親としてではなく、今の自分と同じ一人の男としての

 

父親は、どんな男だったんだろう。とか。

 

自分が母親のお腹にいるときの、両親のやりとりとか、

 

そんなことって、ぜったいに見ることはできない。

 

言葉でも伝わらないことだ。

 

いま、地デジテレビ、HDD、ワンセグ携帯とかいろいろあるけど、

 

少なくとも、自分が小さいときはないものだったよ。

 

確かに、俺は昭和に生きていたわけで。

 

あのころの時代に確かに生きていたわけだが、あのころの時代に

 

戻れることはなく、あのころに感じてた思いとかも、

 

呼び起こせない。

 

でも、映画の中の彼らに自分をおいて、彼らが感じる思いを自分が感じることで、

 

涙してしまうわけだな。

 

なんかね。最近、映画の中の彼らに自分を簡単におけるんだよな。

 

変な壁を作らずに、そのものになって、いろんなことを考えるんだな。

 

2時間だけ、違う人間になれるんだな。いろんな人の人生を歩めるんだ。

 

映画って、ほんまに素敵やん!?(島田紳助兄やん風)

 

 





 


  1. 2007/03/26(月) 00:02:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チョコさん5『リッチストロベリーチョコレート』


 

僕の親友のシソが、しきりに進めるもんだから、買ってみたよ。

 

あまりにも高かったけどさ。

 

明治の普通の板チョコさんが100円なのに対して、

 

この「リッチストロベリーチョコレート(以下、リッチモンド大佐)」については、

 

210円!!!

 

驚くでしょ。

 

しかし、さすがは、リッチモンド大佐だけあって、

 

味は、最高でした。

 

イチゴのツブツブもあり、70%がイチゴってことで、

 

僕の好きなイチゴとチョコレートのコラボとは、

 

やはりリッチモンド大佐。

 

ただものじゃありません。

 

あっという間になくなりましたよ。

 

誰か、買ってきて。笑

  1. 2007/03/25(日) 23:38:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。