ゴジラの暇つぶし日記

『野球』『映画』『お笑い』『旅』『競馬』『音楽』『ラーメン』『歴史』『健康』等々について書いてます。 暇つぶしに読んでください☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

グルメ『響 お台場店』

グルメ『響 お台場店』

 

『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールドエンド』を見た後に、

 

17時開店ということで、いい席を取るために速攻行きました。

 

一応18時に予約はしてたけど、早く来れればきてもいいよっていうのと、

 

もしその時点で予約席よりもほかにいい席が空いてたら、そっちを選んでもいいよっていうのを

 

事前にお店に確認(っていうかネゴ)してたので、空いてたオープンテラスの

 

席を選びました。

 

眺めとしては、写真を見てください。


 

グルナビでグラスワインサービスのページを印刷していきました。

 

食事は、なかなかおいしいと思います。

 

特に、コシヒカリのご飯は、非常においしくて、何杯でもいけそうな勢いでした!笑

 

ハラスも味はうまかったけど、冷めてたのが残念だった。

 

あれが温かかったら、コシヒカリのご飯、3杯はいけただろう。笑

 

夜が更けるにしたがって、だんだん気温が低くなり、ちょっと寒いと思ったけど、

 

楽しかったし、おいしいし、眺めはいいし、寒さはどうでもよいです。

 

ぜひ!!みんな行ってみて下さいねっ!!

 

↓もう一枚です。屋形船が流れています。


スポンサーサイト

テーマ:美味しいもの - ジャンル:グルメ

  1. 2007/05/28(月) 00:07:00|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

映画2007-44『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールドエンド』

映画2007-44

『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールドエンド』

2007年【アメリカ】

監督:ゴア・ヴァービンスキー(ザ・メキシカン、ザ・リング、パイレーツオブカリビアン1,2,3)

出演:ジョニー・デップ(ギルバート・グレイプ、ネバーランド、シザーハンズほか)

    オーランド・ブルーム(ブラックホークダウン、ロードオブザリング、トロイほか)

    キーラ・ナイトレイ(ドミノ、ラブアクチュアリー、プライドと偏見、ジャケットほか)

    ジェフリー・ラッシュ(シャイン、恋に落ちたシェイクスピア、クイルズほか)

    

ゴジボシ:☆☆☆☆(4/5)

 


 

ヨ?ホ?♪ヨ?ホ?♪

 

ヨ?ホ?♪ヨ?ホ?♪

 

ヨ?ホ?♪ヨ?ホ?♪

 

・・・誰が止めんねん!ということで、2007年5月25日公開の

 

『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールドエンド』を26日に観て来ました。

 

ぜったい混むと思ったから、プレミアシートを事前に予約しておいたのだが、

 

当日行ってみたら、そうでもなかった。。。まだ空いてたね。

 

まぁ、いいや椅子がユッタリだったし。

 

さて、ワールドエンドってサブタイトルからして、終わりだって思ったけど、

 

続けようと思えば続けられる終わり方だったね。これ以上やったら、

 

無理くりになりそうだからこれで終わりでいいか。やったらきっと客呼べるけどな。

 

このシリーズは、全部共通してエンドロールの最後にメッセージがこめられた

 

映像が流れるけれど、今回も同様にエンドロールの最後に・・・でした。

 

おっと!観てきてくださいね!

 

相変わらずところどころに笑いをちりばめて、客を飽きさせない。

 

3時間という時間を感じさせない。

 

まぁ、ところどころいらないんじゃないか??ってシーンはあったけれど(カニのところね)、

 

まぁそれはご愛嬌で!!

 

でもやっぱり安定感あるね!

 

☆4つでお願いします!

  1. 2007/05/27(日) 23:54:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

映画2007-43『プラダを着た悪魔』

映画2007-43『プラダを着た悪魔』

2006年【アメリカ】

監督:デヴィッド・フランケル

出演:メリル・ストリープ(ディアハンター、クレイマークレイマー、マディソン郡の橋 ほか)

     アン・ハサウェイ(プリティ・プリンセス1,2、ブロークバック・マウンテン)

 

ゴジボシ:☆☆☆☆(4/5)

 


 

 

出ました、天才女優のメリル・ストリープです。

 

ずいぶん、お老けになられた感じがするんですが。。。。。

 

もう今年で58歳になるそうです。俺のオカンよりも先輩やもんな。

 

先輩こんちわす!!!!

 


小説の映画化らしいですが、商学部出身の僕は読んでません。

 

って、学部とか関係ないから!!!!

 

さて、結論から言うと、いいです。

 

あんまり期待しないで観たんだけど、いやぁいいですね。メッセージが伝わった。

 

 

 

アンハサウェイは、相変わらず人形さんみたいな外見で、

 

そんなヤツが、鬼の上司、メリルストリープに徹底的にやられる。

 

「S」の人はぜひ!


 

いや、そういうことじゃなくて、

 

やられても、負けずに食らいついていく。

 

やがて認められる。やっていけちゃってる。

 

仕事をバリバリやることと、自分が一番大切に思う人を大事にできることと

 

この二つは、同時に成し遂げられないことなのか。

 

この命題って、いろんな映画やドラマで取り上げられるが、

 

やっぱりこんだけ人生の先輩方が作る作品で、

 

どっちをとるかしか道がないなんてことは、

 

本当に同時には成し遂げられないんだろうなぁ。

 

 

それを考えると、ぜったいに自分が一番大切に思う人を大事にできることを

 

選べるような懐の深い人間になりたい。

 

そこを冷静に選び、鬼上司に認められてたにも関わらず、

 

会社をやめるアンハサウェイの物腰の柔らかさと、

 

その決断を頼もしく、余計にすばらしく認めながらも、

 

自分の道は変えずにこのまま突き進もうとする

 

メリル・ストリープの強い気持ちと、

 

それぞれの人生を描いた深い映画だったことに驚いたんだな。

 

 


 

こういうワンマン社長の人生は、どんなものなんだろうな。

 

家族との時間をゆっくり過ごせないのは、本当につらくないのかな。

 

それくらい好きな仕事ができてるからいいのか。

 

どっちも中途半端になることが一番いやだから、

 

一生懸命生きようって思いました。

 

☆4つ!!!!なかなかよかった。ほんまに!

 


  1. 2007/05/26(土) 00:19:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

音楽『愛唄』


メンバー全4人が歯学部生。歯科医を目指し爆進中!ウワサの覆面ユニット GReeeeN。

 

だそうですが、普通にCD屋にプラプラっと入って、聞いて、

 

あっ、買おうって思ったんです。

 

サビの力強さと、4人のハーモニーがきれいに決まってたので、

 

なんか行動をアクティヴにしてくれそうだなと思ったわけで。

  1. 2007/05/25(金) 23:49:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

映画2007-42『ブラック・ダリア』

映画2007-42『ブラック・ダリア』

2006年【アメリカ・ドイツ】

監督:ブライアン・デ・パルマ(アンタッチャブル、ミッションインポッシブルほか)

出演:ジョシュ・ハートネット(パールハーバー、シンシティ、ブラックホークダウン)

     スカーレット・ヨハンソン(ロストイントランスレーション、マッチポイント、アイランド、バーバー)

     ヒラリー・スワンク(ボーイズドントクライ、ミリオンダラーベイビー、インソムニア)


ゴジボシ:☆☆☆(3/5)

 


 

本当にあったエリザベス・ショート惨殺事件をモチーフに

 

小説化された「ブラックダリア」の映画化です。

 

DVDの表紙を確認してもらってもわかると思うが、

 

オスカー2回獲得の「ヒラリー・スワンク」が出てます。

 

それにしても、怖い写真だねこれ。

 

この「ヒラリースワンク」が、美人という設定で出てるから、滑稽だと思います。

 

作品と全然関係ない話をしちゃってるけどね。笑


 

さて、映画ですが、

 

前半、だんだんミステリー色が強くなっていくところで、

 

「おっ、久々にきたな!この感じ。」ってなんだったら腕まくりをして

 

見入った。

 

中盤、ごっちゃごっちゃ。

 

だんだん、スカーレットヨハンソンのお色気の方に気をとられかけたりするくらい

 

ごっちゃごっちゃの内容の浅い感じがなんとも腹立たしかった。


↑この二人、私生活でも付き合ってるけどねっ!!!ジョシュとスカーレット

 

 

突然、ヒントを得て動き出す主人公。

 

でも、動き出すポイントというか、きっと観てる人には、タイムリーに伝わらないと

 

思うんだな。

 

あれ??あれ??どして、どして。

 

って感じで、ストーリーは進んでいき、

 

だんだん、あっそういうこと?あっ、きっとこういうこと??

 

って感じで、終わる。

 

なんつうか、ミステリーな惨殺事件がモチーフになっているわりに、

 

謎を残してくれるでもなく、きれいにスカッと解決するわけでもなく、

 

なんともスッキリしない映画だと思った。

 

☆3つ。


  1. 2007/05/25(金) 23:35:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。