ゴジラの暇つぶし日記

『野球』『映画』『お笑い』『旅』『競馬』『音楽』『ラーメン』『歴史』『健康』等々について書いてます。 暇つぶしに読んでください☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日記『スピードガンコンテスト in 丸ビル』

現在、日本のプロ野球は、日本シリーズが開催されておりますが、

 

ちょっと前、クライマックスシリーズが開幕するときに、

 

クライマックスシリーズを盛り上げるためか、

 

丸ビル1階で、スピードガンコンテストが1週間ほど終日開催されてました。

 

 

日々、仕事が忙しい中で、プロジェクトメンバーも煮詰まっていたこともあり、

 

息抜きに、昼休みやってみようということで、スーツのまま投げてきました。

 

結果、第3位にランクイン!!


 

 

久々にワインドアップで投げました。3球だけのチャンスです。

 

事前にアップなしの、スーツにネクタイで、投げたわりになかなかでした。

 

1日に結構な人数の人たちがトライしていたみたいです。

 

あー、楽しかった。まだまだワシのストレートも捨てたもんじゃないな!

スポンサーサイト
  1. 2007/10/31(水) 04:06:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

旅『2007年9月22日 成田山を散歩』


 

9月22日って、もう1ヶ月も前の話になるけど、

 

成田山にぶらっと行ってきた。

 

うん、なにげに土日を使って、いろんなところに行っているんだけど、

 

なによりも仕事があまりにも多忙で、ブログに書き残せないでいる。

 

今日、9月22日のことを書いているけど、それ以降もいろんなところに行って

 

いるので、後手後手にはなるけど、自分の行動を書き記すためにも

 

時間を見つけて書いていかんと。

 

 

さて、成田山ですが、

 

別に行こうと思って行ったのではなく、ぶらぶらしていく中で、

 

じゃあ成田山でもぶらっといきますか。ということで、行きました。

 

なんだか、成田山に失礼な発言になりまずが、そこはスルーしてください。

 

昼過ぎから、向かったからか、なんなのかガラスキな状況。

 

特に、日本人はあんまりいらっしゃらなかったです。

 


 

カメの形をした石の上に、大量のカメたちが乗っかってます。

 

この写真だとわかりづらいかもしれませんが、大量です。

 

で、上から覗き込むと、エサをくれると勘違いをしたカメたちが、

 

大量によってきて、口を開けてます。

 

エサなど、あげるかボケィ!!!!

 

ハトがカメの甲羅の上に上陸して、なんか天下を取ったような感じになった

 

光景が印象的です。1ヶ月前のことだけど、覚えてるね。なにげに。

 


 

 


 

まぁ、これがなんなのかわからんのやけどね。笑

 

夕方なので、いろんなお店が閉まり始めるところを押しかけた感じで、

 

店に入り、カキ氷と、ラムネを頼んで、ゆっくりしました。

 

9月22日だったから、まだまだ残暑の厳しい日でしたので。

 

今、カキ氷を頼んだら、アホかぁ!!ってなりますがね。

 

 


 

こんな盆地みたいになったところがあるんですね。

 

ぜんぜん、ゆっくりしたことなかったので、発見でした。

 

まぁ、降りたら、木々に囲まれていて、蚊に刺されることが明白だったので、

 

降りなかったけどねっ!

 

さて、鎌倉に続き、ここでもおみくじをやってみました。

 

俺・・・・・大吉!!

彼女・・・吉。

 

微妙や。

 

でも、鎌倉のときと比べると、確実にのぼり調子。

 

鎌倉の旅

 

俺・・・末吉→大吉

彼女・・・凶→吉

 

ということで、俺はもう、下がる一方ですな。

 

成田山、正月あたりにいくと、人がわんさかいて、

 

だいぶゆっくりできないけど、それ以外で行くと、

 

誰もいなくて、ゆっくり散歩ができてなかなかですね。

 

ぜひ、ゆっくりお散歩しに行ってみてくださいねっ☆

 

↓夕日がきれいだったから撮ったけど、かなり逆光でわけわからなくなりました。笑


 

  1. 2007/10/28(日) 13:02:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17

映画2007-67『ナイトミュージアム』

映画2007-67『ナイトミュージアム』

2005年【アメリカ】

監督:ショーン・レヴィ

出演:ベン・スティラー(メリーに首ったけ、僕たちのアナ・バナナ,マダガスカル)

    カーラ・グギノ(スネーク・アイズ、スパイキッズ1、2、3、シン・シティ)

    ロビン・ウィリアムス(グッド・ウィル・ハンティング、パッチ・アダムス、レナードの朝)


ゴジボシ:☆☆☆(3/5)

 


 

 


 

のーーーーーーん!!!!!!!

 

からのベン・スティラーです。

 

コメディヒット作連発の彼の作品をひっさびさに見ました。

 

相変わらずおもしろい人ですね。

 

 


 

宣伝を見ただけで、内容については、完全に把握できてしまっていて、

 

見てみても、ズバリ予想通りな展開が進むjわけですね。

 

子供のころに、理科室の模型とか、音楽室のモーツァルトなどの絵とか

 

夜になると動き出すんじゃないかっていう想像は誰しもしたことがあるのではないか。

 

それが映画になっちゃった。

 

驚きもあれど、この世界になれた主人公が、彼らと一緒に問題を解決するんだな。

 

あるわけない世界だけど、見てて飽きなかったよ。

 

☆3つで!

 



  1. 2007/10/28(日) 12:27:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画2007-66『バッテリー』

映画2007-66『バッテリー』

2007年【日本】

監督:滝田洋二郎(病院へ行こう 、陰陽師 、壬生義士伝 )

出演:林遣都、山田健太、天海祐希、岸谷五朗、菅原文太、萩原聖人、あさのあつこ ほか

 

ゴジボシ:☆☆☆(3/5)

 


 

さぁ、あさのあつこ著、『バッテリー』の映画化です。

 

珍しく僕が原作を読んでるものです。それにしたって、主人公の巧や、キャッチャーの豪は、

 

原作で、めちゃくちゃ野球のうまい中学生だったので、

 

これを誰が演じることができんねん!って思いながらも借りてみました。

 


まず主人公の巧に関してですが、ピッチングフォームに関して言うと、

 

いやぁ、そりゃ素晴らしいフォームですよ。

 

僕が、中学時代にあんなダイナミックなフォームで投げれたかって言われたら、

 

到底無理やで。さすがにフォームまで合成は無理やろ。

 

スピードは、もちろん合成でした。しかし、キャッチャー豪とのキャッチボールは、

 

リアルキャッチボールで、そりゃもう普通に野球部ですよ。

 


 

主人公、巧を演じる林くんのプロフィールを見ると、特技:野球になってました。

 

やってたんかい!!!彼は、中学時代に修学旅行で東京に来てたところをスカウトされた

 

らしいで。すごいなぁ。

 

キャッチャーの豪を演じる山田健太くんもまたすばらしいです。

 

彼は、実際にキャッチャーをやっていたそうで、この役を演じる上で、非常に多い

 

野球シーンを演じるよりも、それ以外のシーンを演じる方が難しかったと言ってます。笑

 


 

原作に比べて、家族の愛というものがより描かれているような気がします。

 

原作は、どちらかというと、本当に、バッテリーの二人のなんともいえない

 

心情をうまく描いた作品だと思います。

 

自分の子供を見て、野球のおもしろさに気づいて、野球をやり始めた巧のお父さんの

 

セリフが非常に心に残りました。

 

「野球って、気持ちを伝えるスポーツなんだよ。

 

自分の気持ち、仲間に伝えたい。

 

仲間の気持ち、もっと知りたい。

 

そんな思いがプレーに出ると、ほんとに楽しくて、

 

楽しくて、楽しくて、たまらなくなる。

 

僕は、この発見を巧に伝えたいんだ。」

 

野球を通じた家族愛が滲み出ている作品でした。☆3つ。

 


  1. 2007/10/28(日) 12:09:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

野球『読売ジャンアンツ ペナント優勝決定!!』

 

9回裏ツーアウト満塁

 

巨人 3対4 ヤクルト

 

清水 隆行のショートへの内野安打で

 

サードランナーの李スンヨプがホームイン同点。

 

ヤクルトスワローズのショートの名手「宮本」の一塁への

 

悪送球でセカンドランナーのキャプテン阿部慎之助が

 

ホームイン!

 

巨人 5対4 ヤクルト 

 

サヨナラ勝ちで、リーグ優勝を決めました。

 

 

 

思えば、今年は、日ハムから去年のパリーグの

 

本塁打王、打点王の2冠の「小笠原道大」を

 

獲得。

 

主軸バッターが、一人増えたことで得点力は、

 

だいぶ変わってくると予想されたけど、それだけでは、

 

去年4位の巨人は、優勝はできなかったよね。

 

 

なによりも、近年ケガでまともに一年間通して出場できて

 

いなかった選手会長の高橋由伸の完全復活が大きいよね。

 

3割超えで、ホームランも35本って、いままでの彼の

 

野球人生で一番のホームラン数だったわけだし。(いままで

 

の最高ホームラン数は、2年目に記録した34本)

 

 

あと、大きいのは、エース上原の抑え。

 

あれだけ見ていて安心できる投手が抑えにいる

 

年は、巨人に限っていえばなかったんじゃないかな。

 

もともとコントロール抜群の上原が、抑えにいれば、

 

無駄な四球は出さないし、テンポはいいし、

 

しかも大エースの上原なので、打たれて負けても、

 

心底、仕方ないって思える。

 

上原が打たれてまけたら、他に抑えられる人が

 

いなかったんだって思えるもの。

 

ファンが思えるのなら、チームメイトもきっとそう思えている

 

はず。そしたら、次の試合に尾を引かないよな。

 

 

あとオリックスから獲得した「谷佳知」だね。

 

ここ2年間、不本意な成績だったから、オリックスが

 

トレードに出してくれたけれども、巨人に来てみたら、

 

往年の谷が復活。

 

3割2分の打率を誇る。

 

これだけの戦力があったので、勝てたんだね。

 

 

でも、そら恐ろしいと思えるのは、中日ドラゴンズです。

 

ペナントレースの佳境に入っても、投手起用について

 

ちっともスクランブルな起用はしていなくて、

 

マイペースをつらぬいていた。

 

プラスアルファで、攻守の主軸である

 

「福留孝介」がケガで戦線離脱しているにもかかわらず

 

この位置で優勝争いをしていたわけだ。

 

もし福留がケガしていなかったら。。。。。

 

余裕で、中日が2年連続でペナントをとっていただろうね。

 

 

 

さて、クライマックスシリーズ。

 

まずは、ナゴヤドームで中日と阪神が激突し、

 

先に2勝したチームと巨人が東京ドームで、

 

激突。先に3勝したチームが日本シリーズ進出権を

 

得られる。

 

なにげに盛り上がるプロ野球の後半戦。

 

やっぱりクライマックス効果はあるのかもしれない。

 

さて、明日は、高校生ドラフトです。

 

巨人は、仙台育英の157キロ右腕

 

佐藤由規を1位指名するそうです。

 

5球団の競合といわれていますが、

 

果たして、優勝の勢いをクジ運に持っていけるのか。

 

原監督の腕にかかってますよ!!!

  1. 2007/10/02(火) 22:34:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。