ゴジラの暇つぶし日記

『野球』『映画』『お笑い』『旅』『競馬』『音楽』『ラーメン』『歴史』『健康』等々について書いてます。 暇つぶしに読んでください☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

映画2009-5『容疑者Xの献身』

映画2009-5『容疑者Xの献身』

 

2008年【日本】
監督:西谷弘(県庁の星)
出演:福山雅治、柴咲コウ、北村一輝、松雪泰子、渡辺いっけい、堤真一ほか

 


 

ゴジボシ:(3/5)

 

東野圭吾の原作は読んでいませんが、

 

ドラマ『ガリレオ』、映画公開前のスペシャル版

 

いずれも観ている状態で、映画をDVDで借りて観ました。

 


 

 


 

映画では、好きな俳優である堤真一が出てます。

 

タイトルにあるように、堤真一が献身してます(笑)

 

福山が物理学の天才なら、数学の天才として、

 

堤真一がいるわけで、この二人は帝都大学の盟友だったわけですが、

 

皮肉にも17年ぶりに会ったことで、歯車が…になってしまったんすね。


 

映画というよりも、2時間スペシャルを観ているような感じでした。

 

ドラマよりは多少スケール大きめ、役者豪華め?なのかなと思うが、

 

とはいえドラマの最終回にも久米宏が出てたしなぁ。。(笑)

 


さて、内容はというと、僕は好きですね。まず事件の犯人が冒頭に

 

わかっていて、あとはプロセスを解読していくという流れっすね。

 

ドラマから一貫しているこの流れで、映画も進みましたね。

 


 

まぁでもなぁ、2時間スペシャルだったら、

 

テレビで無料で見れるのになぁって思うと、

 

映画館1800円、もしくはTSUTAYA420円は高いかなぁと

 

思うなぁってところで、☆3つでいかせてください!

 

宜しくお願いします!

スポンサーサイト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

  1. 2009/03/23(月) 23:35:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

映画2009-4『おくりびと』

映画2009-4『おくりびと』

 

2008年【日本】
監督:滝田洋二郎(バッテリー、病院へ行こう、釣りキチ三平)
出演:本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子、吉行和子、峰岸徹ほか


 

ゴジボシ:☆☆☆☆(4/5)

 

第81回アカデミー外国語映画賞受賞という、

 

奇跡の快挙を成し遂げた誰もが知るところとなった 映画です。

 

DVDレンタル開始となったので、TUTAYAで 借りて鑑賞しました。

 


率直に。

 

自分が死んだときは、どっちでもよいかなって

 

感じるけど、自分の大切な人たちをいざ送り出すといった

 

ときには、ぜひとも納棺師に頼みたいって思いました。

 

そうとう高いのかもしれないけど、最後のシーンで、

 

主人公「大悟」の父親「淑希」を納棺に入れるときに、

 

葬儀屋がパパッと入れようとしたところを見たら、

 

自分の大切な人たちをそうやっていれようとしたら、

 

主人公「大悟」と同じように、「やめろーーー!」ってな

 

具合に、阻止しようとするかもしれない。


 

社長の「佐々木生栄」が、納棺の儀を取り行うところを見て、

 

主人公「大悟」も心を動かされたように、

 

主人公の妻「美香」も、「大悟」が風呂屋の女将の

 

納棺をするときの様子を見て、心が完全に動かされていましたね。

 

なかなか自分から進んでできる仕事ではないけど、

 

あれだけ丁寧にやっている姿を見たら、

 

あの仕事をさげすむことなんてできない、むしろ

 

尊敬してしまうかと思う。

 

あの会社の従業員である余貴美子演じる「上村百合子」も

 

過去に影のある役でしたね。

 

やっぱり存在感ありました。


 

笹野高史も、キーマンになってましたね。


 

妻役の広末さんは、よく頑張っていました。

 

それにしたって、この夫婦は、

 

夫が、妻になにも言わなすぎです。

 

もっと夫婦間の情報交換は、透明性を持って、行うべきです。

 

事後報告ばっかりしてたらダメ。

 

って、本筋とは全く関係のない話をしました。すいません。

 

最後に、なぜこの作品がアカデミー賞をとれたのかって

 

いうのは、外国にない習慣を見て、感動したってところでしょうか。

 

最近の日本映画は、本当におもしろいなぁって思うんです。

 

この作品をスタートとして、今後もどんどん世界に向けて

 

いい映画を出して行ってほしいと思います。

 

少なくとも、スケールではぜったいに勝てないわけですから、

 

「こころ」を突いていくようなもので勝負ですね。

 

久々の☆4つで宜しくお願い致します。

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

  1. 2009/03/22(日) 19:07:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

野球『2009年3月1日 WBC壮行試合 日本代表VS巨人』

WBCもいよいよ佳境を迎えて、

 

残すは、準決勝→決勝を残すのみとなりました。

 

大会2連覇に向けて、強豪ぞろいですが、

 

頑張ってほしいです!

 


実は、僕はWBCの本戦が始まる前の壮行試合、

 

サムライジャパンVS巨人の試合を東京ドームに

 

観戦しに行っておりました。

 

あのときの声援は、相当のもので、

 

日本、国内のWBCに対する関心は相当のものなんだなぁって

 

改めて感じた日でした。

 

 

久々の東京ドームへ!


 

巨人 VS 日本です!


 

この日は、会社の先輩から自由席のチケットもらったんです。

 

2階席ですが、全然雰囲気を味わえましたよ!


 

スターティングメンバーです!

 

ずっとイチローを3番で使ってましたが、

 

この日、原監督が初めてイチローを1番バッターに

 

抜擢した日でした。以降、イチローはずっと1番です!


 

イチローのときは、本当にすごい声援で、

 

2階席で遠かったですが、頑張ってズームでイチロー撮りました。

 


 

そして、日本の大エース、松坂大輔も出場しました!


 

ぎりぎりダメだけど、松坂の投球練習です!

 


 

この試合を見ていて、

 

やっぱりイチローと松坂の人気は他の選手たちと

 

一線を画しています。

 

この日は、投手戦で、結局、日本代表のサヨナラ勝ちで

 

終わりました。

 

イチローは、この大会、あまり調子がよくないですが、

 

これからの準決勝→決勝と続くしびれるような試合には、

 

必ず結果を出してくれると信じています!

 

頑張れ!サムライジャポン!あっ、ジャパン!!!!!

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/03/21(土) 15:14:00|
  2. 野球
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

映画2009-3『プレステージ』

映画2009-3『プレステージ』

 

2006年【アメリカ・イギリス】
監督:クリストファー・ノーラン(ダークナイト、メメント)
出演:ヒュー・ジャックマン(オーストラリア、X-MEN1,2,3)
   クリスチャン・ベール(ダークナイト、マシニスト)
   マイケル・ケイン(ダークナイト、バッドマンビギンズ)
   スカーレット・ヨハンソン(ブーリン家の姉妹、ブラック・ダリア)


 

ゴジボシ:☆☆(2/5)

 

マジシャンのセロっていますけど、

 

あの人、絵のリンゴを取り出して、

 

かじったりできるんだけど、

 

このプレステージもそういうすごいマジシャンの

 

お話で、予告編を見ると、そりゃもう

 

しびれるような展開を想像してのぞみましたよ。

 


 

 


 

ヒュージャックマン、クリスチャンベール、

 

スカーレットヨハンソン、マイケルケイン、って

 

出演者、豪華でした。

 

マジシャン対決がどんどんとエスカレートしていって、

 

途中、片っぽが死んじゃったとき、あれれ、どんな

 

オチになるんだろうって焦りました。


 

でも、死んだのウッソン!クローンでしたぁ??。

 

って、問題になるわこれ?ってな感じで、

 

もはや、マジシャンの域を超えてる。

 

こんな命がけ、マギー司郎、マギー審司の緊張感のない

 

二人にできるか!??って、やる必要ないでしょ。

 

これ映画だけど、ちょっとぶっとびすぎてませんかねぇ。。

 

なんでもありなんですもん。

 

相変わらずスカーレットヨハンソンは、無意味に

 

セクシーショット満載で引きつけようとするしね。笑


 

サスペンスって聞いてたけど、

 

まぁ確かにサスペンスなんだが、ファンタジー色を

 

こんなにも色濃くされてしまうと、

 

わたくしという人間は、だいぶ萎えてしまうわけです。

 

向いてないんだな。映画にちょっとしたリアリティを

 

残してほしいって願望があるうちは。

 

ということで、大変申し訳ないのですが、

 

☆2つで宜しくお願い致し度。

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

  1. 2009/03/21(土) 14:58:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

競馬『2009年3月1日 中山記念(G2)』

先日、中山競馬場に会社の先輩や同期たちと

 

行って勝負してきました。

 

年度末中山総決算!と題して、

 

会社の先輩同期らとで、この日稼いで、

 

純利益を作ろう!ということで、

 

僕はいつも通りオール3連単勝負!をしてきました!

 

11月に行った東京競馬場では、

 

いきなりの万馬券ゲットで、黒字に終わったので、

 

そのときのいいイメージを持って勝負しました!

 

 

【中山7レース】
『サラ系3歳500万下』 ダート・右 1800m 

 


 

<結果>

1着  2番ポルカマズルカ 

2着   5番トレジャーバトル 

3着   1番ツクバタイヨウ 

惨敗!!!!!!

 

 

【中山8レース】
『サラ系4歳上500万下』 芝・右・外 2200m 


 

<結果>

1着  14番ニシノブルームーン

2着   1番ダノンマスターズ

3着  11番レッズフィールド

 

一番ノーマークやったわぁ???!!

 

まぁ、ここで腹ごしらえねっ☆

 


 

 

【中山9レース】
『潮来特別』 芝・右 2500m 

 


 

<結果>

1着  1番ムーンレスナイト  

2着   7番マイネルファーマ  

3着   3番ベストオーカン  

 

全然だめやないかーーーーい!!!!!

 

 

【中山10レース】
『内外タイムス杯』 ダート・右 1800m 


 

<結果>

1着 10番ナムラハンター  

2着  11番コロナグラフ

3着   6番フルブラッサム  

 

10番しかおさえてないやんかぁ!!!

 

 

いけいけぇ!!


 

って、言ったって、ダメなもんは駄目。

 

 

さて、メインレースの中山記念(G2)です。

 

ここは、パドックに行かなきゃ!


 

観ても、全然わかんねぇ!!!!!!!!!!!!

 

 

でも2006年の中山記念にも会社の先輩たちと中山に

 

来ていて、そのときは、バランスオブゲームが2連覇を

 

果たして、ノーマークだった僕は、がっつりやられたんでした。

 

なので、2008年にこの中山記念で優勝している

 

カンパニーはおさえておかないとね。

 

結局、カンパニーが一番人気だったけどね。

 

さて結果は?


【中山11レース】
『第83回中山記念(G2)』芝・右 1800m 


 

<結果>

1着  2番カンパニー  

2着   5番ドリームジャーニー  

3着   6番アドマイヤフジ

 

おしぃーーーー!!!!
ドリームジャーニー頑張りすぎ。3着でよかったのに!

 

 

あまりにも負けるので、

 

阪神のメインレースにも手を出しました。

【阪神11レース】
『阪急杯(G3)』芝・右 1800m 

 


 

<結果>

1着  4番ビービーガルダン  

2着  13番ローレルゲレイロ  

3着   3番ドラゴンファング  

 

 

しかし、久々にここまで見事に負けるなぁ!

 

これが最後の最後、最終レースです。

 

【中山12レース】
『サラ系4歳上1000万下』ダート・右 1800m 


 

<結果>

1着  1番キモンホワイト

2着  13番トウカイプライム

3着   7番シルクスターシップ

 

 

ということで、一回も当たらずに終了!

 

僕の同期は、2レース目からやって、

 

これまた一回も当たらずに終了!

 

この日一緒に行ったメンバーで黒字となった人は

 

いませんでした。。。笑

 

年度末中山総決算は、純損失計上をすることとなりました。。

 

なかなか行く機会がないけれど、今度こそリベンジしてきますよ!

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

  1. 2009/03/12(木) 23:44:00|
  2. 競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。