ゴジラの暇つぶし日記

『野球』『映画』『お笑い』『旅』『競馬』『音楽』『ラーメン』『歴史』『健康』等々について書いてます。 暇つぶしに読んでください☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日記『2009年12月31日 ウェンディーズ行ってきた』

2009年、年内で日本撤退する

ハンバーガーチェーン「ウェンディーズ」は

12月31日、最後の営業日を迎え、

全国の71店舗には、29年の歴史の幕切れを前に

別れを惜しむファンが押し寄せた。

という記事がネット上、新聞紙上に載ると思いますが、

今日、12月31日に、我々、夫婦も

ネタにもなるし、ウェンディーズ行ってまいりました。

日本では、もう二度と食べられないということもあり、

お昼頃に行くと、だいぶお客さんが並んでました。
20091231ウェンディーズ最終日?

実を言うと、僕に関しては、

いままでの人生で、一度しかウェンディーズに

行ったことがありませんでした。笑

そもそもファーストフード自体を食べる機会が

そんなにないので、なんだか新鮮でしたね。
20091231ウェンディーズ最終日?

見るからに、体にはよくなさそうです。

最後だからということで、どっさり注文しました。
20091231ウェンディーズ最終日?

二人でかみしめて食べてきましたよ。

思ったよりもとってもおいしかったです。

最後の最後に食べて、ウェンディーズの味を

少しでも語ることができてよかったと思います。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2009/12/31(木) 22:31:22|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画振り返り『2009年の映画鑑賞は26本』

2007年に年間100本映画鑑賞を目指し、92本で挫折したことが

ありましたが、趣味の一つである映画鑑賞、

2009年は26本でした。2週間に1本ペースですね。

やっぱり普通に生活していたら、なかなかまとまった2時間を

用意するっていうのは難しいものですね。

【映画鑑賞一覧】
映画2009-1  『ノーカントリー』
映画2009-2  『ジャンパー』
映画2009-3  『プレステージ』
映画2009-4  『おくりびと』
映画2009-5  『容疑者Xの献身』
映画2009-6  『WALL・E/ウォーリー』
映画2009-7  『P.S.アイラヴユー』
映画2009-8  『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』
映画2009-9  『スラムドッグ$ミリオネア』
映画2009-10 『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』
映画2009-11 『ラースと、その彼女』
映画2009-12 『リーピング』
映画2009-13 『ファンタスティック・フォー:銀河の危機』
映画2009-14 『ミス・ポター』
映画2009-15 『もしも昨日が選べたら』
映画2009-16 『ナンバー23』
映画2009-17 『クローズドノート』
映画2009-18 『黄色い涙』
映画2009-19 『傷だらけの男たち』
映画2009-20 『未来予想図 ?ア・イ・シ・テ・ルのサイン?』
映画2009-21 『プロヴァンスの贈り物』
映画2009-22 『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』
映画2009-23 『ひゃくはち』
映画2009-24 『マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと』
映画2009-25 『ROOKIES ?卒業?』
映画2009-26 『天使と悪魔』


以上、26本ですが、今年のナンバーワンはなんでしょうかね。。

ずば抜けて印象の残ったものはなかったのですが、

一番、度肝を抜かれたのは、『ラースと、その彼女』ですかね。

第80回アカデミー脚本賞ノミネートの作品でした。

【ラースと、その彼女あらすじ】
アメリカの田舎町に住む26歳の主人公ラースは、

心優しく町の皆に好かれている青年だが、

とてもシャイで特に女性と話すのが大の苦手。

兄のガスとその妻カリンが住む家の裏にあるガレージを改装した部屋に

一人で住んでおり、限られた人間関係しか築けないでいた。


ある日ラースは、ガスとカリンに、インターネットを通じて

知り合った女性がいるので紹介すると伝える。

ラースの事を気遣っていたガスとカリンは最初喜ぶが、

車いすに乗った元宣教師でブラジルとデンマークのハーフである

女性ビアンカを紹介されて驚く。

なぜならビアンカはアダルトサイトで販売されている

リアル・ドールだったからだ。要するにダッチワイフ。

ここまでの設定で、なんだコメディかよ。って思ってしまう

部分もありますが、こんな状況が最終的に感動になるのです。

感動に至るまでの経緯を書いてしまうとネタバレになってしまう

ので、気になる方は、ぜひ鑑賞してみてください☆

来年もいい作品に出会うべく、たくさん鑑賞したいと思います。

仕事が楽チンでありますように!!!!!

テーマ:見た映画 - ジャンル:映画

  1. 2009/12/28(月) 16:22:28|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

追悼『ブリタニー・マーフィー』

訃報です。

ハリウッド女優のブリタニーマーフィーさんが、

ロサンゼルス現地時間の12月20日午前8時に

自宅のバスルームで心肺停止状態で倒れているのを

発見されました。病院で死亡が確認されました。


この日、僕は入院中で、病院のテレビで、

このニュースを聞き、かなり驚きました。

まだまだこれから活躍していかないといけない

32歳という年齢。

早すぎるわ?と。


僕が初めて彼女を観たのは、映画『17歳のカルテ』でした。

この映画、主演のウィノナ・ライダーよりも、

助演のアンジェリーナ・ジョリーが完全に食っていた作品で、

この映画でアンジェリーナ・ジョリーが

アカデミー助演女優賞を受賞して、一気にスター街道を

駆け上りました。

この映画で、精神病患者を演じたブリタニーマーフィー。

かなり重い役でした。

映画『8マイル』では、当然エミネムで騒がれてましたが、

その彼女役で、尻軽なウェイトレスという設定を演じました。

ハマってましたね。
8マイル時代

映画『アップタウンガールズ』では、

映画『I am サム』で、大ブレイクした子役ダコタ・ファニング

との友情物語を演じました。

あと映画『シンシティ』とか書けばキリがないですが、

まだまだこれから活躍して欲しい女優でした。
最近のブリ

どうやら、若くして糖尿病を患っていたようですね。

亡くなる前に風邪を引いていて、糖尿病の薬と、

風邪薬とが合わなかったのでしょうか。残念です。。

西田敏行が、コメントしていて、なぜ???って思ったんですが、

どうやら、ラーメンガールという映画を撮っているそうです。

これから公開されるそうなので、普通であれば、

きっと観なそうですが(笑)、観てみようと思います。

最近、若くして亡くなる方が多く、驚きます。

映画『ダークナイト』のジョーカー役の演技で

感動させてもらったヒースレジャーも薬が原因で

28歳という若さで亡くなりました。

(睡眠薬を常時服用時に、インフルエンザにかかったと言われてます。)

自分も例外ではないと思うので、

毎日毎日を大事に生きなければと思いますね。

テーマ:俳優・女優 - ジャンル:映画

  1. 2009/12/28(月) 15:09:59|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日記『退院しました☆まだ喉痛いけど』

どうも、こんばんわ。

人生初の手術を2009年12月16日に行い、

昨日の12月23日に無事退院しました。

退院といっても、退院後、2週間の自宅療養が必要になります。

自宅療養といっても、あまり血液のめぐりがよくなるような

行動を取らないようにすること、刺激物を食べないこと、

これらを守る程度。

ただ、痛いので、食べる気はしないし、

ずっと微熱があるので、どこかに行こうとも思わない。

喉の瘡蓋が取れるときに、出血して血が止まらないことが

何万分の一の確率で起こりうるそうです。

怖いので、家でじっとしてます。


【手術前】

手術前日は、21時頃に下剤を服用し、

手術当日の朝、6時30分に浣腸されます。

看護婦さんにやられます。恥ずかしいです。

手術前に腸の中をキレイにするわけですね。

手術は全身麻酔で行いました。

人生初の全身麻酔。

「眠くなりますよぉ?」と言われ、

カラダにぶわぁ??っとなにかが入ってきたのが

わかった。

でも、眠くならなかったので、

一度、目を開けた。でも、目を開けたら、

いつまでたっても麻酔かからないんじゃないかと

思って、すぐに目を閉じた、その瞬間から

何にも記憶がございません。

【手術後】
名前をひたすら呼ばれていたので、

目をあけたら、喉が痛い。

そして、鼻呼吸がなぜかできない。

普段、ほぼ鼻呼吸なので、

「やべ、息ができねぇ!」って思って焦りました。

ICUでいる間、口の中に溜まった血と唾とを一生懸命、

ティッシュに吐いてました。

そうしている間に、鼻が通るようになり、

やっとお昼の12時前に一般病棟に戻りました。

手術は9時からでした。

そもそも扁桃腺の摘出手術は、1時間くらいでできるそうです。

ただし、大人になってから摘出する場合、

いままでに扁桃腺炎などで、扁桃腺とリンパが癒着して

してしまっていて、本来、簡単にツルッと取れる

扁桃腺が取れず、メスを多く入れないといけない

ケースがあるそうです。

わたくしの場合は、右側の扁桃腺はツルッと摘出できた

そうなのですが、左側の扁桃腺は、癒着しており、

左側は深くメスを入れたそうです。

なので1時間半くらいかかったようです。

一般病棟というか、僕が入院していたベッドは

これです。
DSC00031.jpg

6人部屋なので、非常に狭いです。

両サイドの方々の寝っ屁やイビキに最初は悩まされましたが、

後半は、完全に慣れましたね。

術後4日間は、点滴で抗生剤を打つので、

ずっと左手に点滴の針が刺さったままです。
DSC09959.jpg

爪の白い部分が相変わらず多いです。笑

で、志村けんのコントみたいに、点滴をぶらさげるための

キャスター付きの器具を転がしながら移動します。笑
DSC09957.jpg

入院中は、自分の親父が、1日も休まず来てくれました。

妻は、金曜日の楽団の練習以外は、すべて平日も

会社帰りに直接来てくれました。ありがたい話です。

退院前日には、妻の両親が二人で来てくれて、

差し入れのプリンまで持ってきてくれました!
1222夕差し入れ

1222夕差し入れプリン

嬉しいですね。

あと、22日には、この病院の看護学校の生徒たち

30人くらいが、メリークリスマスということで、

廊下で、クリスマスソングを10分くらい歌ってくれて、

患者1人1人にクリスマスカードをくれました。
1222 クリスマスカード

こういう取り組みは、患者にとって励みになります。

本当にうれしかったですね。周りのおじいちゃんの患者さん

たちも喜んでました☆

やっと扁桃腺を摘出することができました。

完全復活するまでには、しばらくかかるみたいですが、

日々、前向きに生きて、来年は病気も怪我もない、

平穏な1年にしたいと願っています。

(参考)【術後の食事】
12月16日(水)が手術日で、

この日は、食事いっさいなしです。出ても食わないけどねっ!

<術後1日目>12月17日(木)

1217朝メモ

1217朝

1217昼メモ

1217昼

1217夕メモ

1217夕

<術後2日目>12月18日(金)

1218朝メモ

1218朝

1218昼メモ

1218昼

1218夕メモ

1218夕

<術後3日目>12月19日(土)

朝食のパンがかなり痛かったっすね。。

本当は、全粥になる予定だったのに、

朝食がパン、昼食が、うどんで、

夕食にいきなり常食なりました。。。えーーー!

1219朝メモ

1219朝

1219昼メモ

1219昼

1219夕メモ

1219夕

<術後4日目>12月20日(日)

前日の朝食のパンがかなり痛かったので、

急遽、朝食をご飯の献立に変更してもらいましたので、

メニューシートが用意できなかったようです。

1220朝

1220昼メモ

1220昼

1220夕メモ

1220夕

<術後5日目>12月21日(月)

1221朝メモ

1221朝

1221昼メモ

1221昼

1221夕メモ

1221夕

<術後6日目>12月22日(火)

1222朝メモ

1222朝

1222昼メモ

1222昼

冬至だったので、こんな紙が入ってました。

1222昼 冬至

1222夕メモ

1222夕

<術後7日目>12月23日(水)

1223朝メモ

1223朝

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2009/12/25(金) 18:55:01|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

日記『人生初の手術をしてきます』

どうも!

もう2009年も終わりですね!

今年は、5月に新築マンションを購入するという、

度胸たるものを見せました。


しかし、キャプテンとして3期目を迎えた

会社の野球部の大会で、試合中、なんと左足ふくらはぎの

肉離れで予選リーグ戦線離脱。

決勝リーグから復活したものの、調整不足で、

打率3割に届かず。

チームも16チーム中12位という情けない成績に。。。

小学校からずっと野球をしているが、

こんなにもまともに野球ができなかったのは初めて。


そして、秋の健保組合のトーナメントの試合、

今年は、本気で優勝を狙っていました。

しかし、10月に3回も扁桃腺炎になるという

悲しい出来事があり、初戦と2回戦だけの出場に

とどまった。結局チームは、ベスト8で敗退。

とはいえ、来年は一つ上のリーグに上がれたので、

とりあえずヨシとしましょうか。


ということで、扁桃腺炎ですが、

まぁ、今年はひどかった。

忘れもしない早稲田大学在籍時、商学部特有の

セメスター制で、上期、下期で授業は完結するが、

3年のときの下期に扁桃腺炎にかかり、

1か月間、まるまる授業にいけませんでした。

相当ひどかった。おかげで、生命保険論の中間テスト受けられず、

単位落としました。めちゃくちゃ覚えてる。

悔しかったわ。だからか、まだ生命保険に入ってません。笑

入らなきゃ。。。

そもそも、大学で会計学やりたかったのに、なんで生命保険論なんて

授業受けてたんだろう。。。まぁいいか。笑


そう、扁桃腺炎は、あれ以来、ずっと僕を苦しめた。

年に3回は、突然の発熱があり、喉が相当痛くなり、

ツバも飲めなくなるほどの痛みに苦しみ、

会社を3日?4日は休まないといけなかった。

今年も6月に改善案件のカットオーバーがあったのに、

そのときにいられず、10月の中間決算の多忙な時期に、

また何日か休むことになり、まぁ大変です。

ということで、ついに決意しました!!!!


扁桃腺を摘出します!

全身麻酔の手術です。怖いけど、体調をコントロールできない

ので、摘出するべきだと考えました。

明日、というか正式には、今日、12月14日に入院し、

12月16日が、手術日となります。

12月いっぱいは療養になります。

本来、子供のころに免疫力がないために、

扁桃腺が守る役割を果たしているようで、

大人になると、すべての免疫力が増加するので、

扁桃腺は、退化していくのがセオリーらしいですが、

自分は、なぜか退化しなかったようです。

扁桃腺が過敏に反応し、すぐ警告を出し、

熱を出します。

今年の最後の月に、長年のガンとなっていたものを摘出し、

来年、新しい自分となって、来年こそ言いも悪いも、

平穏無事な1年を過ごしたいと思います。

退院したら、状況をまた記載します!

では、行ってまいります!!!!

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2009/12/14(月) 03:30:02|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。