ゴジラの暇つぶし日記

『野球』『映画』『お笑い』『旅』『競馬』『音楽』『ラーメン』『歴史』『健康』等々について書いてます。 暇つぶしに読んでください☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

デザート日記2『だいずドーナツ きなこ食す in ミスド』

毎週月曜日の深夜にやっている

タカトシの『お試しかっ!』の人気コーナー

「帰れま10(かえれまてん)」の

ミスドバージョンを見て、いてもたってもいられなくなり、

嫁さんと近所のミスドに行ってきました。


「帰れま10」で発表されたミスドのベストテンは

以下の通り。

1位 ポン・デ・リング

2位 エンゼルクリーム

3位 エンゼルフレンチ

4位 カスタード&ホイップ

5位 D?ポッポ

6位 チョコファッション

7位 ふんわりリングキャラメル

8位 チョコ&ホイップ

9位 オールドファション

10位 ふんわりリングバターミルク

有名どころがランクインしてますね。


そこで、僕らは、昨年2009年の11月3日から

発売開始となった「だいずドーナツ」のきなこを

食しました。

↓手前が「だいずドーナツ」、上が「ポン・デ・リング」です。
ミスドきなこ

見た目、固そうに見えませんか???

そうでもないですかね?

実際は、ふわっとした食感で、

「んまぁ???」ってなります。笑

カフェオレ、何杯もおかわりして帰りました。笑

やっぱりテレビ効果ってありますよ。

ちゃんと「帰れま10」で何位とか札が立ってましたよ。

ぜひ新作「だいずドーナツ」お試しください!
スポンサーサイト

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

  1. 2010/01/27(水) 23:37:11|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画2010-5『レッドクリフ Part I』

映画2010-5『レッドクリフ Part I』

2008年【アメリカ・中国・日本・台湾・韓国】
監督:ジョン・ウー(フェイス/オフ,M:I?2ほか)
出演:トニー・レオン(インファナルアフェア,傷だらけの男たちほか)
   金城武(K-20 怪人二十面相・伝,傷だらけの男たちほか)
   中村獅童(いま、会いにゆきます,男たちの大和ほか)

ゴジボシ:☆☆☆☆(4/5)
レッドクリフ1表紙

無類の歴史好きの僕です。

三国志についても、父親が、横山光輝の三国志全60巻を

買ってくれて、それを何回も読んでいたものです。

ということで、三国志をある程度知っている状態で、

この『レッドクリフ Part I』を鑑賞しました。

レッドクリフ1写真

トニーレオンと金城武の組み合わせは、

昨年鑑賞した『傷だらけの男たち』と同じですが、

やっぱりトニーレオンってなにかありますね。

雰囲気あります。


この三国志の時代は、西暦200年代前半の話ですから、

どこまでホンマのことやねん!って感じで、

伝説みたいになってしまっている部分も多いと

思いますが、蜀の関羽、張飛、趙雲っていう

一騎当千(1人で千人にも値するほどの人物ということ)の

武将が、このレッドクリフでも大活躍する様を

この映画という短い時間で描いてくれています。


敵ながら、曹操が関羽に対して一目を置いている部分とか

ずっと三国志の文献に触れてきた僕にとっても(文献とはいっても

ほとんどマンガだが)、納得のいくストーリーでしたね。


ちょっと新鮮だったのは、呉の周瑜は、蜀の孔明みたいに、

作戦を立てて指示するだけのコテコテの軍師だったわけではなくて、

ちゃんと敵の中に切り込んでいくこともしていたってこと。

それも、トニーレオンだからそういうシーンを撮ったのかな。

ということで、三国志を少しもかじっていない人には、

ちょっとしんどいかもしれません。

知っている人にとっては、マンガの三国志の実写っぽくて、

楽しいですよ。中村獅童が呉の甘興役にぴったりハマっていたのにも

驚きました。日本人1人で乗りこんで、撮影も大変だったろうに。

ということで、楽しめて☆4つで宜しくお願いいたします。

Part ?が楽しみです☆

テーマ:最近見た映画 - ジャンル:映画

  1. 2010/01/26(火) 23:20:22|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日記『クック買った』

友人夫婦が、

すんづく(新宿)に買い物に行ったというのを

聞いて、ちょろっと買い物に行ってきました。

大学時代は、本当によく言っていた

マルイMENに行きました。

ずっと狙っていたドイツブランドの「mobus」の

靴を購入しました。

カジュアルだけでなく、シュッとしたいときも

履ける靴です。
足

あと昨年の9月にリニューアルオープンした

アネックスにも行ってきました。
アネックス

ここも、女性をターゲットにした本館に対して、

社会人男性をターゲットとしたライフスタイル店舗で、

男性陣は、ブラブラするだけでも楽しいかも。

いろいろコーディネートの想像を膨らませて帰れます。

やっぱり、すんづくは、アネックスにメンズ館に、

楽しいです☆

また来月、春物の想像を膨らませに行きたいと

思います!

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2010/01/25(月) 23:16:33|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デザート日記1『堂島ロールを食す』

大阪発の行列ができるお店「モンシュシュ」の

「堂島ロール」を食しました。

DSC00178.jpg

DSC00180.jpg


妻のお友達が家に遊びにきてくれたときに、

お土産として持ってきてくださいました。

生クリームたっぷりなのですが、

くどくなく、生地もふわふわで、

あっという間に一切れ食べることができてしまいます。

コーヒーや紅茶をおともにして、

幸せなひとときを過ごすことができました。

・・・・

「OLかっ!」

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

  1. 2010/01/25(月) 01:44:53|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画2010-4『おっぱいバレー』

映画2010-4『おっぱいバレー』

2009年【日本】
監督:羽住英一郎(海猿、銀色のシーズンほか)
出演:綾瀬はるか,仲村トオル,青木崇高,石田卓也,田口浩正ほか

ゴジボシ:☆☆(2/5)

おっぱいバレー表紙

観てしまいました(笑)

水野宗徳の小説が原作です。

この小説は実話を基にしてはいますが、

実話をヒントに創作されたフィクションの

オリジナル作品であって、ノンフィクションではないそうです。
おっぱいバレー写真

中学のときに、先生に向かって、

「試合に勝ったらおっぱいを見せてください!」

なんて言えただろうか。笑


「いっぱい」の「い」を「お」に変えて言ってみて?

って言われて、答えは「おっぱお」ってわかっていても、

恥ずかしいもんだから、言えないような子でしたよ。笑


さて、映画ですが、

動機はどうあれ、部活に打ち込み始めた子たちの

真剣さは、見物です。

全員が、同じ目標に向かって走り出すと

確かにこんな感じになるよな。(動機は先生のおっぱいですが。。)


仕事でも、プロジェクトのメンバーを

同じ目標に向かわせるような環境作りができれば、

確実にうまくいくよなって思います。

おっぱいは使えないので(笑)、

特効薬となるような言葉を考えたいものです。

ということで、この作品を観て、仕事にリンクしました。笑

無駄なシーンは多々ありましたが、

中学生男子当時の自分を顧みながら

観ることができました。

☆2つでお願いします。

テーマ:最近見た映画 - ジャンル:映画

  1. 2010/01/24(日) 18:07:29|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。