ゴジラの暇つぶし日記

『野球』『映画』『お笑い』『旅』『競馬』『音楽』『ラーメン』『歴史』『健康』等々について書いてます。 暇つぶしに読んでください☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

映画2010-28『ミルク』

映画2010-28『ミルク』

2008年【アメリカ】
監督:ガス・ヴァン・サント(グッドウィルハンティング ほか)
出演:ショーン・ペン(ミスティックリバー,アイアムサム ほか)
   ジョシュ・ブローリン(ブッシュ,アメリカンギャングスター ほか)

ゴジボシ:☆☆☆(3/5)

ミルク 表紙

自らゲイであることを公表したアメリカの政治家、ゲイの権利活動家

ハーヴィー・ミルクの生涯を描いた映画です。

ショーンペンのゲイさながらの迫真の絡みシーンは、

ほんまもんです。アカデミー主演男優賞をこの作品で受賞しています。

事前にミルクのことを特に調べることもなく、

鑑賞してもなんの問題もありません。


実話に基づいているので、大袈裟な演出もなく、

たんたんと当時の状況をなぞっていきます。

暗殺されるって知っていたので、

そのシーンに向かって進む時間が

とてもドキドキしてしまいました!

「志村逃げてーーーー!」って感じ。なんでドリフや!

暗殺されたミルクのことをそこまで美化していなくて、

当時の状況がよくわかる映画だと思います。

ゴジボシ☆☆☆3つでお願いします。

ミルク1

スポンサーサイト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

  1. 2010/08/30(月) 23:20:38|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

映画2010-27『カールじいさんの空飛ぶ家』

映画2010-27『カールじいさんの空飛ぶ家』

2009年【アメリカ】
監督:ピート・ドクター(モンスターズインク)

ゴジボシ:☆☆☆(3/5)

カールじいさんの空飛ぶ家表紙

今年、映画鑑賞27本目ということで昨年の26本を超えました。

まだまだ観ていきます。


ピクサーアニメ、カールじいさん観ました。

冒険好き同士で結婚した、カールとエリー。

二人に子は授からなかったが、

伝説の滝のパラダイスフォールにいつか二人で

行くことを約束していた。

でも、カールはエリーに先立たれてしまう。

住んでいた家の周辺は、街の開発計画により、

立ち退きの要請があったが、エリーとの思い出の

家を守るべく、カールは頑なに立ち退きを拒んだ。

しかし、ある事故がきっかけとなって、

立ち退きせざる得なくなる。

そこで立ち退きの日、カールは決心し、

2万個の風船をつけて、家ごと、

エリーとの約束の地、パラダイスフォールに向かって、

旅立った。

旅では、犬のダグやら、怪鳥ケヴィンやらが大活躍。

ひょんなことから一緒に旅をしている

ボーイスカウトのラッセルも、いい感じのキャラ。

総じて面白かった☆

誰でも元気なうちに、

無理してでも一緒に旅に行かないと後悔するし、

家ごと1人で旅に出なきゃ行けなくなるのはいやだなぁと

思ったので、よし、大事な人と旅行に行こう!

って思った。笑

ゴジボシ☆☆☆3つでお願いします!

カールフォト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

  1. 2010/08/30(月) 23:19:11|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

映画2010-26『マリと子犬の物語』

映画2010-26『マリと子犬の物語』

2007年【日本】
監督:猪股隆一(書道ガールズ!!)
出演:船越英一郎,松本明子,高嶋政伸,小野武彦,宇津井健 ほか

ゴジボシ:☆☆(2/5)

マリと子犬の物語 表紙

2004年の新潟県中越地震で、山古志村(現在の長岡市)で起きた

実際のエピソードを元に映画化されたものです。

自然災害に直面したことがない僕ですが、

報道等で伝えられる映像は、信じられないもの

ばかりで、恐怖心は相当あります。


あの状況ではやっぱり犬たちは置いていかれてしまうんですね。

犬を飼ったことないけど、犬飼っちゃうと

そりゃ家族同然になるだろうし、

別れるなんていったらいくらなんでも悲しいですよね。

ましてや子供たちにとっては。。。


作品としては、何の裏切りもなく、

思った通りの流れで進んで終わります。

映画を観てみて、思ったのは、

映画じゃなくてエピソード聞くだけよかったかも。。。

ゴジボシ☆☆2つでお願いします。

マリと子犬の物語1

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

  1. 2010/08/30(月) 23:17:57|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

読書2010-11『レイクサイド by.東野圭吾』

読書2010-11『レイクサイド by.東野圭吾』」

201007270016000.jpg

年間25作品読書を目指していますが、

まだ11作品目。。。。。今年もあと4カ月ですか!はやっ!


2004年に『レイクサイドマーダーケース』のタイトルで

映画化された原作です。

名門中学の受験のために、勉強合宿として湖畔の別荘に

集う3組の家族と塾講師。

この設定で、殺人事件が起こって、

自分の妻が「私が殺したの」と言うわけです。

「うそやろ???」ってなりますよね。

物語が進むにつれ、

少しずつドロドロの関係が明らかになっていく。

そして、真犯人は・・・。


ドロドロすぎるし、登場人物たちが誰一人として

得をしないんじゃないかって感じだが、

主人公の最後の最後の感情は、それこそ、

親としての等身大の気持ちなのかもしれないと思った。

正義感とかあると思うけど、実際にこの状況に陥ったら、

やっぱりそうなるのかな?

本作は、先を知りたい知りたい!って思って、

あっという間に読み終わりましたよ☆

オススメです!って、オススメばっかりやないか!!

っていうのは、言わない約束です。笑

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2010/08/30(月) 01:00:07|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

映画2010-25『タイタンの戦い』

映画2010-25『タイタンの戦い』

2010年【アメリカ・イギリス】
監督:ルイ・レテリエ(トランスポーター1,2、ダニーザドック ほか)
出演:サム・ワーシントン(ターミネーター4,アバター ほか)
   リーアム・ニーソン(シンドラーのリスト,スターウォーズ1 ほか)
   レイフ・ファインズ(シンドラーのリスト,イングリッシュペイシェント ほか)

ゴジボシ:☆☆☆(3/5)

タイタンの戦い 表紙

ここ最近、ノリにノッテいるサム・ワーシントン主演の

タイタンの戦いを観ました。

『ターミネーター4』『アバター』と、

大抜擢続きの彼ですが、またもや普通の人間じゃない

役をもらっています。

神様ゼウスと人間の子の役です。

この設定で感情移入するのは非常に難しいですが、

1つのアクションっぽく、メデューサとの

白熱の戦いが非常に見ごたえありました!!

ただ、ラストに関しては、かなりチョロです。

特に、ハデスとの戦い。

5秒くらいじゃないかな。ハデス、バイバーイ!でした。

ちょっと笑っちゃいました。こんなんでいいのかい!!と。笑

106分と短めの作品なので、ササッと観れちゃうので、

時間が空いたときに、どうぞ!

見ごたえは、中間あたりのメデューサとの戦いです!

ゴジボシ☆☆☆3つでお願いします!

タイタンの戦い フォト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

  1. 2010/08/29(日) 16:47:02|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。