ゴジラの暇つぶし日記

『野球』『映画』『お笑い』『旅』『競馬』『音楽』『ラーメン』『歴史』『健康』等々について書いてます。 暇つぶしに読んでください☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日記『中国の土産に驚いた』

尖閣諸島問題で、日中関係がエライことになってますが、

会社の同じチームの方が、中国に行ってきて、

そのお土産ということで、↓こんなのいただきました。

バッタもんコアラのマーチ

なぁんか、どっかでみたことあるなぁって思ったら、

コアラのマーチだよね。

でも、EDOって!!BB熊って!!!

なんのこっちゃ!!(笑)

じゃあ、実際、中身はどうなんだい!

って、みてみたら、↓こりゃひどいわ。(笑)

バッタもんコアラのマーチ中身

コアラ、ブサイクやなぁ???(笑)

堂々とバッタもんを作ってる感じがするので、

もういいのかこれで。(笑)

エライ適当なコアラを描いているのも、

文化なのだろうか。

味は、ちょっとバナナっぽい味がして、違和感あり。

面白いからいいのか。

バッタもん作ること許してあげるので、

お願いだから、レアアースの輸出を解禁してください!(笑)
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2010/09/27(月) 23:24:42|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

映画2010-40『シャッター アイランド』

映画2010-40『シャッター アイランド』

2009年【アメリカ】
監督:マーティン・スコセッシ(アビエイター,ディパーテッド ほか)
出演:レオナルド・ディカプリオ(アビエイター,ディパーテッド ほか)
   マーク・ラファロ(コラテラル,ゾディアック ほか)

ゴジボシ:☆☆☆☆☆(5/5)

シャッターアイランド 表紙

今年、40本目の映画鑑賞です。

今年目標の50本鑑賞まで、あと10本!

見えてきたっ!!!!!


さて、マーティン・スコセッシ監督と

レオナルド・ディカプリオのコンビは、

ティム・バートン監督と

ジョニー・デップのコンビくらい

メジャーなもので、本作はそれにあたります。


結論から言いますと、本作は、

僕的に、大好きなサスペンスです。

誰を信じればいいんだろう??、誰がまっとうなことを

言っているのだろうか??ということを

序盤からずっと考えます。

最後まで観終わってから、映画を振り返ってみると、

またまた面白くて、あぁあのシーンでの彼の行動、発言は、

そういうことだったのか。とか。

主人公が、あそこであんな行動を取ったけど、

いやいや、普通、あんな行動取れないでしょ。とか。

まぁ、あんまり言うとよくないので、フワフワした内容に

なってしまいますが、最後の主人公のセリフは、

深いなぁ???って思いましたね。

とにかく観終わってうなりました☆

ゴジボシ☆☆☆☆☆5つでお願いします!

ぜひ!!!

シャッターアイランド フォト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

  1. 2010/09/27(月) 01:40:01|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

読書2010-17『エブリリトルシング?クワガタと少年? by.大村あつし』

読書2010-17『エブリリトルシング?クワガタと少年? by.大村あつし』

エブリリトルシング 大村あつし

今年1発目の読書『無限ループ』の著者:大村あつしの

デビュー作『エブリリトルシング?クワガタと少年?』を読みました。
-----------------------------------------------------
《参考》
読書2010-1『無限ループ by.大村あつし』
-----------------------------------------------------


これはよく出来た作品でしたね。

『クワガタと少年』
『ランチボックス』
『アフター・ザ・プロム』
『彼女はいつもハーティーに』
『ビジネスカード』
『ボクはクスリ指』

の6つの短編があります。

短編といいつつも、それぞれが微妙につながっています。

これ読んだら、発想をちょっと変えて

生活していこうかな??って気持ちになる。

特に最後は、ジーンときました。

向き合って、読んでいただければ、

普段の生活で、心が病んでるなぁって時でも、

好転すること間違いなしであると思います。

ぜひお試しを☆

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2010/09/26(日) 22:57:59|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画2010-39『マイケル・ジャクソン/THIS IS IT』

映画2010-39『マイケル・ジャクソン/THIS IS IT』

2009年【アメリカ】
監督:ケニー・オルテガ
出演:マイケル・ジャクソン

ゴジボシ:☆☆☆☆(4/5)

this is it 表紙

待ちに待ったレンタル開始に合わせて、

速攻借りて、観てみました☆


彼は、プライベートでいろいろ言われていたけど、

それを補って余りある程のパフォーマンスを

持っていることを改めて確認することができました。

歌にしても、テンポとか細かく指示していたし、

自分がキューを出すポイント等を確認していました。

ダンスも、とてつもないっすね。

50歳とは思えない身体のキレですね。

こういう偉大な方がいたということを示すための

いい作品になったと思います。

ただただ、亡くなったことが残念ですよ。

「一緒に舞台に立てることが最高に幸せ!」って

言っているダンサーたちも、本番のライブがなくなって、

本当に残念だったと思う。

ただ、長くしんどいリハーサルを一緒に頑張ったことは、

必ず誇りになるでしょうね。

本当にチームになってましたもんね。

これは映画なのか???っていう感じもするけど、

終始、鳥肌のオンパレードだったので、

ゴジボシ☆☆☆☆4つでお願いします!!

this is it フォト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

  1. 2010/09/25(土) 19:38:27|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

映画2010-38『第9地区』

映画2010-38『第9地区』

2009年【アメリカ・ニュージーランド】
監督:ニール・ブロンカンプ
出演:シャールト・コプリー(特攻野郎Aチーム THE MOVIE)

ゴジボシ:☆☆☆(3/5)

第9地区 表紙

宇宙人モノのSF映画です。

TSUTAYAディスカスでの評判がよかったので、

借りてみました。

南アフリカ共和国のヨハネスブルク上空に突如宇宙船が出現して、

船内にいた外見がエビに似ているエイリアンたちが、

宇宙船から降りてきます。

宇宙船が故障しているため、難民として、

隔離地域である第9地区で地球人と共存することになります。

ただし、やはり人間とエイリアンたちの争いが絶えないため、

28年後、主人公のヴィカスは、エイリアンたちを

さらに離れた彼ら専用の居住地である第10地区に移住させるべく、

立ち退き要請のため、第9地区に赴くが、そこで、

発見した謎の液体を身体に浴びてしまい、

身体に異変が・・・・・・。

というような導入部分です。

エイリアンたちと人間の共存の映像が、

日頃、テレビで観る映像に近く、ちょっと驚きました。

ただ、あんなのがいたら、それはもう気持ち悪くて、

外も歩けないわ。って思いますね。

主人公がことごとく不幸なのが、悲しいですね。

一応、最後に希望を見出すようなシーンが

ありますが、言ってしまうと、ちっとも希望はないぜって、

思ってしまいますね。

映像は、ドキュメンタリーっぽくて、よく出来ていたと思います。

制作は、ロードオブザリングのピータージャクソンだそうです。

アバターの陰に隠れたSF映画ですが、

もっと表舞台に出てもよいのになとは思います。

ゴジボシ☆☆☆3つでお願い致します。

第9地区フォト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

  1. 2010/09/24(金) 16:20:25|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。