ゴジラの暇つぶし日記

『野球』『映画』『お笑い』『旅』『競馬』『音楽』『ラーメン』『歴史』『健康』等々について書いてます。 暇つぶしに読んでください☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

映画2011-21『ストーン』

映画2011-21『ストーン』

2010年【アメリカ】
監督:ジョン・カラン(夫以外の選択肢)
出演:ロバート・デ・ニーロ(ディアハンター,タクシードライバー ほか)
   エドワード・ノートン(真実の行方,アメリカンヒストリーX ほか)
   ミラ・ジョヴォヴィッチ(バイオハザード,ジャンヌダルク ほか)

ストーン

ゴジボシ:☆☆(2/5)

2倍速鑑賞作戦で、短時間鑑賞実現してます。


さて、あんまりメジャーじゃない映画ですが、

大好きなエドワード・ノートン出演ということで鑑賞。

仮釈放管理官のデニーロは、信仰心の深い論理的な人間で、

一方、放火犯で監獄されてるエドワードノートンは、危ない奴、

そして、その妻役のミラジョヴォヴィッチは、ほんと適当で、

エロスの塊。

冒頭、そんな描写が続くのですが、

物語が進むにつれ、デニーロがミラジョヴィヴィッチの誘惑に負けて、

崩壊していき、エドワードノートンが神の啓示を受けたとして、

考えが変わって、二人の内面が徐々に入れ替わっていく様が

描かれています。

デニーロが崩壊していくところは、なんとも情けなくて

笑ってしまいます。

ただ、こんな設定なので、どの登場人物にも共感ができず、

入り込むってことはできなかったかなと思います。

胸張ってオススメできるかというと。。。ですかね。

ゴジボシ☆☆2つでお願いします。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

  1. 2011/10/07(金) 00:22:32|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

読書2011-9『嘘をもうひとつだけ by.東野圭吾』

読書2011-9『嘘をもうひとつだけ by.東野圭吾』

嘘をもうひとつだけ

東野圭吾の加賀恭一郎シリーズ『卒業』『眠りの森』

『どちらかが彼女を殺した』『悪意』『私が彼を殺した』

に続く第6弾である 『嘘をもうひとつだけ』を読みました。

本作は、5つの短編で構成されています。

1.嘘をもうひとつだけ
2.冷たい灼熱
3.第二の希望
4.狂った計算
5.友の助言

僕は、特に後半の二つ。狂った計算と友の助言がよかったですね。

嘘をもうひとつだけは、バレエ団の話ですが、

加賀シリーズの『眠りの森』でもバレエ団の話だったので、

本作の加賀のセリフに「バレエには少々関心があるのです」とあって、

加賀にもちゃんと歴史があって、彼の歩んできた経験を

セリフとして書いてくれている東野りぃに、おっ!!よっ!!

って思いました。

友の助言での、親友:萩原を助けたいという加賀の思いと、

萩原が妻を信じたい思いとが、なんともいえなかったです。

総じて、5つのシーンで加賀の活躍を読むことができて、

お得感がありましたよ~☆

これで、加賀シリーズは、最新作の『麒麟の翼』を残すのみとなりました。

<参考>加賀恭一郎シリーズ
1『卒業』⇒読書済
 http://naoyork55.blog63.fc2.com/blog-entry-672.html
2『眠りの森』⇒読書済
 http://naoyork55.blog63.fc2.com/blog-entry-745.html
3『どちらかが彼女を殺した』⇒読書済
 http://naoyork55.blog63.fc2.com/blog-entry-751.html
4『悪意』 ⇒読書済
 http://naoyork55.blog63.fc2.com/blog-entry-754.html
5『私が彼を殺した』 ⇒読書済
 http://naoyork55.blog63.fc2.com/blog-entry-757.html
6『嘘をもうひとつだけ』 ⇒今回読書

7『赤い指』⇒読書済
 http://naoyork55.blog63.fc2.com/blog-entry-662.html
8『新参者』⇒読書済
 http://naoyork55.blog63.fc2.com/blog-entry-624.html
9『麒麟の翼』

テーマ:小説 - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/10/06(木) 00:16:10|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画2011-20『ロビン・フッド』

映画2011-20『ロビン・フッド』

2010年【アメリカ・イギリス】
監督:リドリー・スコット(グラディエーター,ブラックホーク・ダウン ほか)
出演:ラッセル・クロウ(グラディエーター,ビューティフルマインド ほか)
   ケイト・ブランシェット(エリザベス,アビエイター ほか)

ゴジボシ:☆☆☆(3/5)

ロビンフッド

今年の映画鑑賞目標は、昨年同様50本としていますが、

まぁ、見れていないですねぇ。隙を見て見ないといけませんね。

さて、20本目の節目に『ロビン・フッド』を観ました。

ロビン・フッドといえば、弓矢の名手っていうのと、

伝説上の人物ってくらいの情報しか持たない中で鑑賞しました。


主役ラッセル・クロウ、監督リドリー・スコットという

悪く言うと癒着コンビの作品で、

そんなにハズレた記憶もないのでそこそこ期待しました。


なんですかね、ラッセル・クロウって、

外見、優しいブルドックって感じなので、

それほど男前って感じはしませんが、

役柄、かっこよく終わりますね。

ケイトブランシェットからは、未亡人の香りがぷんぷん出てました。

その時点で、製作者側の思うツボなのでしょうね。

しっかり役作りできています。

さて、冒頭でロビンフッドといえば弓矢の名手ってなってますが、

本作では、ほとんど剣振り回しています。

ラッセルクロウが剣を振り回しているので、

あれ?なんだこれデジャヴか!?って思いましたが、

なんのことはない、グラディエイターで全く同じような

格好して剣振り回していたなぁって思い出しました。

別に否定しているわけではなくて、

ラッセルクロウには、剣持たせておけば安定するなぁって(笑)

日本人なら何食うにも醤油かけとったらえぇねん!っていうのと

同じですな。同じか!?(笑)

最後の最後に、信じられないような矢を放って、

敵を倒すので、あぁ、ロビンフッドか。グラディエイターじゃないや。

って気づきます(笑)

総じていうと、ラッセルクロウとケイトブランシェットの純愛が見れて、

ハラハラの戦いもあって、最後まで退屈なく見れる点は

よいのかもしれません。

普通です。ゴジボシ☆☆☆3つでお願いします。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

  1. 2011/10/02(日) 02:02:43|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

野球『シーズン真っ只中です』

野球部主将になって5年目。

今年は調子がいい!打撃フォームもいい感じに固まってる。

ホームラン

いま、IT関連会社14社の大会のリーグ戦真っ只中です。

この大会、会社によってレベルはマチマチですが、

毎年上位のチームとなると、130キロ後半の真っ直ぐと

スライダー、フォークのコンビネーションを駆使する投手が

ゴロゴロいるわけです。

さて、今年の組み合わせというと・・・、

かぁ~、ほとんど上位が相手。

これは厳しい。。。

年初、野球の目標が、公式戦30打席、打率3割、本塁打1。

でしたが、打席に立つ以外は、厳しいかなと。。。

~~・~~~~~~~~

始まってみれば、やっぱりダメ。

打てませんよ。これまで9試合やって2勝6敗1分です。

僕自身、今年は例年以上に調子がよかったのですが、

一線級の投手にきりきり舞いさせられました。

ここまでの公式戦成績。

~~~~~~~~

打席数:23

打数:19

安打:3

打率:.158

本塁打:1

打点:5

盗塁:1

得点:5

四死球:4

出塁率:.304

~~~~~~~~~

逢音がいる中、妻のおかげで結構、試合に参加させてもらいました。

なので、年初目標の30打席は、あと2試合程度で

達成できそうですが、案の定、一線級の投手に翻弄され、

打率は1割台。。。切ない。

ただ、本塁打は出ました!打点もまぁ、そんなもんか。

盗塁もした、得点もまぁまぁ。

四死球は選んでいるので、出塁率は、3割を超えていて、

これがせめてもの救い。

やっぱり打率だけ、ダメですね。

これから、秋のシーズンも始まるので、

参加できれば、せめて打率を2割5分くらいまでは、

上げて、シーズンを終わりたいと思います。

テーマ:草野球 - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/09/09(金) 01:44:05|
  2. 野球
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画2011-19『悪人』

映画2011-19『悪人』

2010年【日本】
監督:李相日(フラガール ほか)
出演:妻夫木聡,深津絵里,岡田将生,満島ひかり,
柄本明,樹木希林,余貴美子,宮崎美子,永山絢斗 ほか

ゴジボシ:☆☆☆☆(4/5)

悪人

深津絵里が、モントリオール世界映画祭最優秀女優賞を

当作品で取って、話題となりましたね。

見てみました。

いまちょうどフジテレビのドラマで、

『それでも、生きていく』ってのを見てますが、

子供を殺された父親を演じるのは、

この作品でも、ドラマでも、

柄本明さんがやってます。

この人、本当に演技がうまいですね。感心します。

そして、樹木希林とか、余貴美子とか、

脇を固める布陣が素晴らしいです。

満島ひかりは、もうかなり頭角をあらわしてますからね。

あとは岡田くんのダメな子加減の演技もバッチリっすね。

さて、内容です。

たまにニュースで殺人事件を見ると、

犯人と被害者は、出会い系サイトで知り合い。。。

っていう言葉を聞きますが、

本作もギリギリそんな感じです。

ラストシーンの妻夫木の行動は、

リアルに悪人として捉えていいのか、

それとも、やっと出会えた大切な人を巻き込まない為の

演技なのか、

どちらにも解釈できるかと思います。

僕的には、ここ最近の理不尽な世の中を反映して、

リアルな悪人として捉えちゃってました。

大切だと思った人と、理由はなんであれ、

離れなければならなくなりそうだと、

殺そうとしてしまうリアル悪人として。

妻夫木が夕焼けの中、泣くシーンは、

そんな自分の習性を嘆いたものなのでは?

わかっちゃいるけどやめられない。スースースーダラダッタ

スラスラスイスイスイ~~じゃないけど、

リアル悪人として捉えれば、捉えるほど、

深津に対する同情がどんどん湧き上がっていきます。

いろいろ考えさせてくれた映画でした。

ゴジボシ☆☆☆☆4つでお願いします!

悪人1

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

  1. 2011/08/01(月) 00:20:08|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。